現代は、空前の着物ブームと言うことが出来るでしょう。
夏祭りや花火大会でも若い女性が積極的に浴衣を身につけ街を闊歩しています。
また成人式でも振り袖を身につける女性が九割と言っても過言でないでしょう。
こうした人気を背景にネット上でも着物レンタルのサイトを開設し並行して着物の販売をしている所も多くなってきました。
レンタルと販売を並行して行うことで他社との差別化や強みになっているのは言うまでもありません。

着物レンタル・販売を並行して行っているお店の強み

着物レンタル・販売を並行して行っているお店の強み 京都や伊勢神宮など歴史的な観光地や風光明媚なスポットには最近着物レンタルの業者がたくさん開業する様になっています。
着物を身につけて歴史的建造物や自然と一緒に写真を撮ってネットのSNSに投稿することが流行っています。そのことでこうした着物レンタルの進出が目覚ましくなっているのです。
着物と竹林、着物と和菓子、着物と神社仏閣と言った風景の写真はコントラストが美しく皆が注目してその写真を見るようになります。
レンタルで着物を借りれば安く済み、多くの着物姿の写真を撮ってネットにアップできます。
またレンタル業者もレンタルで様々な多くの人の客引きをし、並行して着物の販売をするところも増えています。こうした新たな顧客獲得ができるようになります。

店員さんの知識量が、着物レンタルのみのお店とは違う

店員さんの知識量が、着物レンタルのみのお店とは違う 最近の着物レンタル事情は、一昔前とは異なり、「貸衣装店」だけが取り扱うサービスではなくなりました。
美容室やブライダルサロン、写真館など、様々な利用者のシチュエーションに応じたサービスを付属して、「トータルを1店舗」で済ませることができるサービスが増えています。
例えば、お勧めなのはブライダルサロン、又は美容室内に設置されている着物レンタルです。
イメージ的には「知識量の少ない、未熟な若いスタイリストさんが着物を探せるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、全く真逆です。
着付け取扱美容室の着付師さんは、若くても流行に遅れのない着物レンタルと着付けをよく知っていて、昨今の若年層が興味を持つような、可愛らしい着物や着付けを展開し、広めているのも、若いスタイリストさんたちから発信されています。
着物レンタル店のみのお店の店員さんとは違い、その着物に合う小物や色合い、髪飾りなど、着物と帯の知識だけではなく、美容に関する知識も高い為、彼女達はトータルでコーディネートすることができます。
昨今の美容&着付け師さんはカラーコーディネートや和装着付け師、はたはブライダル専門和装着付け師など、様々な分野に能力を張り巡らせているため、その人に本当に「似合う着物」を選ぶことができると言えます。

着物レンタルに関するおすすめリンク

手ぶらで行ける京都の着物レンタルショップのサイト

京都で着物のレンタル